気をつけたい調理法⑤

今日は、生姜についてお話します。

生姜は、臭みをとってくれるため昔から魚の付け合わせとして重宝されてきました。

生姜は、生と加熱した時とで薬効成分が異なります。

生の場合の効果は、食中毒・ピロリ菌の殺菌、血行促進。また、香りには胃腸の消化機能回復、下痢の緩和、解毒の働きがあります。

加熱した場所の効果は、抗酸化作用、免疫力向上、コレステロール減少などがあります。

どちらにも体に良い成分なので、得たい効能に合わせて調理法を変えてみましょう。

関連記事

  1. 休肝日を設けていますか?

  2. タンパク質足りてますか?

  3. 気をつけたい調理法③

  4. 免疫力アップのおすすめ食材⑩

  5. 若返りビタミン

  6. ビタミンの役割

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。