咳を止めるツボ

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介(耳つぼ)療法講習をしています、耳介療法士の田中です。

全国どこへでも出張講習を承っております。

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

のどや鼻、気管支、肺などの呼吸器系は、菌やウイルスなどの外敵だけでなく、気候の変化やホコリ、花粉などに影響を受けやすい敏感な部分です。

のどが乾燥したり、気道に炎症が生じると、声が枯れたり咳がでるなど、気管支炎の症状が起こりやすくなります。

特に今の時期、屋外から暖房の効いた部屋に移動すると、咳が出ることがありますよね。

わたしも急に咳き込んで、なかなか止まらないときがあります。

今のご時世、咳をしていると白い目で見られるので、大変困ります。

そんなときは、すぐに耳つぼをマッサージ。

気持ちも落ち着いて楽になります。

抗ヒスタミン・・・風邪、アレルギー、気管支炎、咳、喘息などの症状を緩和します

喉・・・のどの痛み、喉頭炎、扁桃炎、嚥下障害に使用します

気管・・・のどの痛み、喉頭炎、扁桃炎、嚥下障害、咳、痰に使用します

喉と気管のツボは人差し指の腹でぐりぐりマッサージ。

抗ヒスタミンのツボは親指と人差し指でつまむようにしてマッサージするといいですよ。

咳症状が続く場合は耳つぼシールを貼ることをお勧めします。

当校の耳つぼシールはフラットタイプ型で全く痛くありません。

特殊加工を施したプラチナシートが皮膚に触れることで微弱電流を発します。

耳つぼシールを貼っている間は、微弱電流がツボを刺激し続けるので効果が長持ち。

大変ご好評を頂いています。

関連記事

  1. ポイントゼロ

  2. ストレスや不安に

  3. 耳つぼで健康に【日焼け後のケア】

  4. 耳つぼで健康に【高血圧】

  5. 耳つぼで健康に【悪夢障害】

  6. 耳つぼで健康に【のどの乾燥/痛み】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。