まだまだインフルエンザにご用心

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介(耳つぼ)療法講習をしています、耳介療法士の田中です。

全国どこへでも出張講習を承っております。

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

今年はインフルエンザの流行をあまり聞きませんね。

やはりマスクと手洗い・うがい・アルコール消毒は感染症予防に効果的です。

例年、インフルエンザが猛威をふるうのは、12月〜3月です。

まだまだ油断してはいけません。

しっかりと睡眠をとり、抵抗力を高めましょう。

実は、インフルエンザの症状を和らげる耳つぼがあります。

海外では薬反対派のドクターは耳つぼを推進しています。

ご参考までに施術するツボをご紹介します。

耳輪のツボは、耳輪に沿って6箇所あります。喉の痛みや発熱時などに使用します。

耳の頂点:痛み止め、炎症、熱、腫れを抑えます。

神門:ストレス、痛み、炎症性疾患に使用します。

ポイントゼロ:全身を恒常的なバランスに戻します。

肺:呼吸器疾患に使用します。

額:頭痛、鼻炎などに使用します。

ちょっと喉が痛い、頭が痛いなどの風邪のひき始めにも効果的です。

耳つぼマッサージ棒がなければ、指でつまんでマッサージしても構いません。痛気持ちいい程度にマッサージしてくださいね。

耳つぼシールを貼ると効果が持続します。

関連記事

  1. スポーツ選手にも

  2. 圧迫法と微弱電流法の違い

  3. 耳つぼで健康に【高尿酸血症(痛風)】

  4. 施術例

  5. 耳輪のツボ

  6. リンパマッサージ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。