脂質をエネルギーに変えるには

脂質を燃焼させてエネルギーに変える際に、ビタミンB2が手助けしてくれます。

つまり、ビタミンB2を多く摂ることで脂肪が使われやすい体になります。

またビタミンB2には、細胞の再生、粘膜や皮膚、髪の毛や爪の新陳代謝を促す働きもあります。

そのためにビタミンB2が不足すると、子供の発達不良や肌荒れ、口内炎などのトラブルが起こります。

ビタミンB2は動物性食品に多く含まれています。

レバー、魚、卵、牛乳、アーモンドなど。

アルコールは脂質の分解を妨げる作用があるので、お酒を飲むときにもビタミンB2の摂取をおすすめします。

関連記事

  1. 体にいい油

  2. 新型栄養失調にご用心

  3. 免疫力アップのおすすめ食材②

  4. スポーツドリンクにご用心

  5. タンパク質は脂肪になりにくい

  6. ゆっくり食事していますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。