耳つぼで健康に【鼻炎】

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介療法講習(ノジェ式耳つぼ講座)をしています、耳介療法士の田中です。

鼻水が止まらない、鼻が詰まって息がしにくいなどの鼻炎の症状は、日常生活に影響を及ぼすので非常にストレスですよね。

花粉によるアレルギー症状なら一時期我慢するだけでいいのですが(それでもつらいですが・・)、慢性鼻炎になると一年中鼻炎に悩まされることになります。

鼻炎とは、鼻の粘膜に炎症が起こって腫れた状態のことです。慢性鼻炎はその炎症が長期間続いているということになります。

慢性鼻炎の原因は、以下のものが挙げられます。

・アレルギー性鼻炎ーアレルギー

・老人性鼻炎 ー 加齢によるもの

・妊婦性鼻炎 ー 女性ホルモンが影響

・味覚性鼻炎 ー 刺激のある熱い物を食べた時など

・冷気吸入性鼻炎 ー 寒い空気が鼻に入ったとき

・乾燥性鼻炎 ー 乾燥した季節や冷暖房による乾燥など

・薬剤性鼻炎 ー 点鼻薬の使い過ぎなど

上記の原因で注目したいのが薬剤性鼻炎です。

鼻づまり解消用の点鼻薬を使いすぎると、あろうことか逆に鼻がつまってしまうんです。

最初は効いていたのに、段々効きが悪くなってきたからといって使う頻度を増やすのは要注意です。

思い切って、一旦薬剤の使用を止めてみましょう。

フランス式耳つぼでは鼻炎の症状を緩和させるツボがあります。

薬を使わずに症状を抑えられるなら、それに越したことはありませんよね。

ぜひ試してみてください。

●は表側、▲は裏側を指しています。

アレルギーポイント:アレルギー、炎症反応に使用します。

神門:ストレス、痛み、炎症などに使用します。

ポイントゼロ:全身を恒常的なバランスにします。

鼻(外部):鼻の痛み、にきびなどに使用します。

鼻(内部):鼻炎、アレルギー、風邪などに使用します。

内分泌:抗炎症、抗アレルギー作用があります。

当校の耳つぼシールは、皮膚に触れることで微弱電流が発生するため、貼っている間はずっと効果が持続します。

受講生は割引価格で購入することができます。

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

関連記事

  1. 耳の後ろの反射区

  2. 耳輪のツボ

  3. 肩の上げ下げ運動と耳つぼマッサージ

  4. 圧迫法と微弱電流法の違い

  5. 睡眠不足解消

  6. 耳つぼ探知機

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。