耳つぼで健康に【副腎疲労】

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介(耳つぼ)療法講習をしています、耳介療法士の田中です。

副腎は左右の腎臓の上部にあるとても小さな臓器です。

生命維持に欠かせないコルチゾールなどのステロイドホルモンを分泌し、栄養素の代謝、電解質のバランス調整、ストレス反応軽減、心臓や血管の循環器系の調節など、とても重要な役割をもっています。

副腎から分泌されるホルモンは多すぎても少なすぎてもいけません。

クッシング症候群やアジソン病、褐色細胞腫などは副腎のホルモン異常による病気です。

また副腎疲労と呼ばれる症状は昨今急増している病気だと言われています。

副腎疲労の症状は以下のものがあります。

  • 疲労感が抜けない。
  • 朝起きられない。
  • 体が重い。
  • めまいがする。
  • うつ状態でやる気が起きない。
  • 記憶力・集中力の低下。
  • 夜眠れない。
  • パニックを起こしやすい。
  • 風邪などの感染症にかかりやすい。
  • アレルギーがある。

などなど、複数思い当たる場合はコルチゾールの分泌不足かもしれません。

耳つぼには「副腎」のツボがあります。

●は表側、▲は裏側を指しています。

●が中国式耳つぼの副腎の位置で、▲はフランス式耳つぼの副腎の位置になります。

このツボは、副腎皮質ストレスホルモンを抑える作用、炎症を調節します。

低血圧症、高血圧症、呼吸困難、喘息、皮膚病、月経異常、アジソン病、クッシング病などに使用します。

慢性疲労などにも効果的ですので、マッサージしてみてください。

関連記事

  1. お口の乾燥に

  2. 圧迫法と微弱電流法の違い

  3. 耳つぼで健康に【顎関節症】

  4. 副作用がないからお子様にも!

  5. 三焦

  6. 末端冷え性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。