耳つぼで健康に【のどの乾燥/痛み】

こんにちは。

神戸を拠点にフランスノジェ式耳介療法講習(耳つぼ講座)をしています、耳介療法士の田中です。

9月も後半にさしかかり、朝晩やっと涼しくなってきましたね。

季節の変わり目は、気温や気圧の変化で自律神経のバランスが乱れやすくなります。

免疫力が低下し体調を崩しやすくなりますが、特に起こりやすい症状が「のどの痛み」です。

喉が乾燥してイガイガする、ツバを飲み込むと痛みを感じる、のどの奥が赤く腫れるなど、のどの炎症が原因です。

フランスノジェ式耳つぼでは、のどの痛みを抑え、唾液腺を刺激して口内に潤いを与えます。

神門:ストレス、痛み、咳、炎症の緩和

ポイントゼロ:全身を恒常的なバランスに

渇点:のどの渇き、排尿

のど:のどの痛み、扁桃炎

下垂体:水分調節、塩分代謝調節

唾液腺:口内乾燥、消化器系の障害

痛気持ちいい適度にマッサージをした後、耳つぼシールを貼ります。

当校の耳つぼシール(美アップシール)は、貼っている間はずっと微弱電流がツボを刺激します。

粒タイプの耳つぼシールと違って、広い範囲のツボをカバーすることができます。

耳つぼ資格や耳つぼシールに関するご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

関連記事

  1. なぜフランス式なのか?

  2. 1分間マッサージ

  3. アルコールを分解するには

  4. 耳の部位の名前

  5. 耳つぼで健康に【便秘改善】

  6. 耳つぼ治療はアメリカ空軍でも

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。