気をつけたい調理法①

どんなに素晴らしい栄養素を含んだ食品でも、調理法によって台無しにしてしまうことがあります。

今日は、ほうれん草のアク抜きについてお話しします。

ほうれん草に含まれる主な栄養素に、ビタミンCがあります。ビタミンCは水に溶けやすく、加熱調理に弱い性質を持っています。

ほうれん草は茹でてから水にさらすのが一般的な調理方法ですが、茹でるだけで40%以上ものビタミンが失われてしまいます。

ほうれん草からビタミンCを摂るなら生で食べるのが1番ですが、たくさんの量を食べられませんよね。茹でてかさを減らした方が量がとりやすいので、従来の調理方法で少し工夫してみましょう。

・切ってから茹でるのではなく、株ごと茹でる。

・30秒程度で火からおろす。

・水にさらす時間を短時間にする。

・ラップにくるんで加熱する。(多少アクは残ります)

栄養素の消失を防ぐには、新鮮なうちに消費することも大切です。すぐに消費しきれない場合は、冷凍保存しましょう。

関連記事

  1. 免疫力アップのおすすめ食材⑥

  2. 必要な栄養素(ライフステージ別)

  3. 免疫力アップのおすすめ食材③

  4. 心を落ち着けるルーティンワーク

  5. お酢の効能

  6. 免疫力アップのおすすめ食材⑦

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。