新型栄養失調にご用心

「新型栄養失調」や「隠れ栄養失調」という言葉を聞いたことがありますか?

食糧難によるかつての栄養失調とは異なり、今はいつでも食べ物が手に入る時代ですが、特に若い世代の間で栄養不足に陥る人が増えています。

その原因は、コンビニやファーストフードに頼る食生活によるもので、糖質と脂質は摂りすぎなのに対し、タンパク質・ビタミン・ミネラルが不足してまっています。結果、カロリーは摂っているのに栄養不足という状態になります。これが「新型栄養失調」です。

本当の意味で豊かな食生活が送れるように、偏った食事や栄養バランスの見直しを行いましょう。

ビタミンAが欠乏すると・・夜盲症、成長障害、感染症にかかりやすくなるなど。 人参、うなぎ、レバー、モロヘイヤなどを食べましょう。

ビタミンB1が欠乏すると・・脚気、ウェルニッケ脳症、疲れやすくなるなど。 豚肉、海苔、玄米、うなぎなどを食べましょう。

ビタミンCが欠乏すると・・壊血症、歯肉炎、発疹など。 キウイ、レモン、赤ピーマンなどを食べましょう。

鉄が欠乏すると・・貧血、運動機能・認知機能の低下、無力感など。 ほうれん草、パセリ、モロヘイヤ、卵黄などを食べましょう。

カルシウムが欠乏すると・・骨粗しょう症など。 チーズ、ほうれん草、小松菜、牛乳、大豆製品などを食べましょう。

亜鉛が欠乏すると・・味覚障害、免疫力低下など。 レバー、うなぎ、牡蠣、牛赤身肉などを食べましょう。

関連記事

  1. 運動をしない日にもタンパク質は必要?

  2. 体にいい入浴方法

  3. 免疫力アップのおすすめ食材20

  4. 糖質カットで健康に

  5. 免疫力アップのおすすめ食材②

  6. 免疫力アップのおすすめ食材11

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。