子どもに必要なタンパク質摂取量

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介(耳つぼ)療法講習をしています、耳介療法士の田中です。

成長期の子供にとって、タンパク質はとても重要な栄養素です。

筋肉や骨の成長に欠かせないのはもちろんのこと、心の成長にも関係しています。

タンパク質に含まれる必須アミノ酸には、脳内神経伝達物質の分泌を促す働きがあります。

精神を安定させる「セロトニン」や、ポジティブで意欲的になる「ドーパミン」などです。

これらが正常に分泌されることで、自律神経のバランスが整い、心身の調子や睡眠リズムの安定につながるのです。

タンパク質の働きを高めるには、朝食でしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。

エネルギー代謝が高まり、活発に1日を過ごすことができます。

逆に朝食を抜くことは、子供の成長にとって悪影響ばかり。

脳のエネルギー源であるブドウ糖が供給されないため、集中力や記憶力が低下し、勉強の効率が悪くなります。

子供に必要な1日のタンパク質摂取量はおよそ以下のとおりです。(日本人の食事摂取基準2015年版)

     男子   女子

1~2歳  20g    20g

3~5歳  25g   25g

6~7歳  35g   30g

8~9歳  40g   40g

10~11歳 50g   50g

12~14歳 60g   55g

15~17歳 65g   55g

きちんと子どもに朝ごはんを食べさせていても、その内容を見直してみてください。

タンパク質は必ず摂っていますか?

食パンだけorおにぎりだけ というのは良くありません。

卵、ヨーグルト、チーズ、プロテインなど 手軽に摂れるもので構いません。

朝食には必ずタンパク質を食べさせましょう。

関連記事

  1. 吸収率がアップする食べ合わせ

  2. 時間栄養学はダイエット効果を高める

  3. アミノ酸スコア

  4. 完全栄養食【たまご】

  5. スポーツドリンクにご用心

  6. ビタミンC含有量No.1は

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。