ビタミンの役割

ビタミンは全部で13種類あり、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分けられます。

脂溶性ビタミンは、油に溶けやすい性質で油脂と一緒に摂ることで体への吸収が高まります。

ビタミンA: 目と皮膚の健康に不可欠

ビタミンD: 丈夫な骨と歯に不可欠

ビタミンE: 体を酸化から守る

ビタミンK: カルシウムの吸収を助ける、出血を止める

水溶性ビタミンは、水に溶けやすく熱に弱い性質を持つため、調理によって失われないようにする工夫が必要です。

ビタミンB6: タンパク質を分解・再合成する

ビタミンB12: 赤血球を作る

ビオチン: エネルギー代謝を助ける、美しい肌や髪に不可欠

葉酸: 赤血球を作る、胎児や成長期に不可欠

三大栄養素はビタミン郡の協力があるからこそ、実力を発揮します。

毎日の食事から適量を摂るように心がけましょう。

関連記事

  1. 免疫力アップのおすすめ食材15

  2. 気をつけたい調理法④

  3. タンパク質は脂肪になりにくい

  4. 嫌いなものは食べなくていい

  5. 免疫力アップのおすすめ食材⑨

  6. 免疫力アップのおすすめ食材13

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。