あごの痛みや顎関節症に効くツボ

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介(耳つぼ)療法講習をしています、耳介療法士の田中です。

本日は、あごの痛みや顎関節症を緩和させる時に使用するツボをご紹介します。

口を開けようとするとあごが痛い、音がする、口が開けにくいというような不快な症状や不自由さに悩まされた経験がある人は多いと思います。

そんな時は、すぐに耳つぼを刺激することで早めに改善させることができます。

フランス式耳介療法(耳つぼ)は、痛みに即効性があります。不調を感じた時は放置せず、すぐに耳つぼを刺激します。その方が治りが早い傾向にあります。

ぜひ試してみてくださいね。

神門と顎関節を刺激しましょう。

耳たぶの外側を指でマッサージすれば、顎関節、上あご、下あご全てのツボを刺激できると思います。

指でつまんだ時に痛ければ、なでる程度の刺激でも構いません。あくまで、痛気持ちいい程度にマッサージすることが大事です。

フランス式耳介療法講習は、様々な症例の耳つぼを勉強します。

「耳つぼ探知機」で、ツボを探し施術していきますので、初心者の方でもすぐに習得することができます。

1日という短期間で資格を取得できます。

最近ではご自身のキャリアアップやスキルアップのために受講される方が増えています。

講習を受けて終わりではなく、講習を受けてからがスタートだと考えていますので、アフターフォローもしっかりさせて頂いています。

ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

関連記事

  1. 過敏性腸症候群

  2. 不調時にオススメの食べ物

  3. 耳つぼダイエットはなぜ効果的なのか!?

  4. 1分間マッサージ

  5. 起立性調節障害

  6. 脳の勘違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。