食べすぎを防ぐ

「お腹がいっぱいになった」と感じるのは、胃ではなく脳です。

脳から”満腹信号”が出たときに、満腹を感じられます。

たくさん食べても、脳から”満腹信号”が出なければ「お腹いっぱい」にならず、逆に少ししか食べていなくても、脳から”満腹信号”が出れば「お腹いっぱい」になります。

この”満腹信号”を出すタイミングにも「慣れ」があります。

大食が続けば、脳はだんだん”満腹信号”を出す食事の量を増やしていきます。

逆に、小食が続くと、少量の食事でも”満腹信号”を出すようになるため、

すぐにお腹いっぱいだと感じるようになっていくのです。

フランス式耳つぼなら、脳をだまして簡単に食欲をコントロールすることができます

メカニズムを簡単にご紹介しますね。

例えば、胃のツボを刺激すると、脳は食事をしていると勘違いします。

なので、その後で実際に食事をすると、「さっきから食べてるからもういいでしょ」と”満腹信号”を出します。

満腹感があれば、これ以上食べたいと思わないですよね。

食べたいのを我慢する必要がないので、耳つぼダイエットは続けられるのです。

過食を治すツボをご紹介しますので、ぜひ試してみてください

注意して頂きたいのは、空腹時にすること!

※空腹時でないと効きが悪くなります。

神門:心を落ち着かせ、イライラを解消します

胃:肥満症のツボ、食べ過ぎや胃痛に効果的

渇点:水分コントロール、余分な水分の排出

飢点:食欲を抑え、過食を治す

内分泌:ホルモンバランスを整える

噴門:食べ過ぎを防ぎ、満腹中枢を刺激

関連記事

  1. 膝の痛み

  2. 子供の肩こり・ストレスに

  3. フランス式耳つぼ サーモグラフィー検証

  4. 耳つぼは即効性に優れている

  5. 耳の後ろの反射区

  6. 頭痛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。