身体にいい油の選び方

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介(耳つぼ)療法講習をしています、耳介療法士の田中です。

本日、は普段調理などに使用する油の選び方をご紹介します。

亜麻仁油・エゴマ油・オリーブオイルは日頃から食生活に取り入れるべき油です。

いざお店で買おうとすると、同じ油でもいろんな種類があって迷ってしまいますよね。

なにを基準に選ぶといいのか?

それは、製法と容器です。

食用油は生鮮食品です。

野菜や肉と同様に、油も酸化したり腐敗したりします。

光に当たると酸化しやすいため、遮光ビンに入っているオリーブオイルをよく見かけますよね。

本来、新鮮な油を扱うならば、冷蔵庫で光を通さない環境で陳列しないといけません。

しかしスーパーでは、透明の容器に常温で陳列されています。

それでも腐らないのは、こうした油の成分を科学的に取り除いているからです。

油の原料に石油系の溶剤を混ぜ、加熱しながら攪拌することで原料から油分を溶かし出します。

そして長期保存できるようにするために、食物繊維やミネラルを取り除き、高温で脱色・脱臭しているのです。

このプロセスを見ると、そもそも口にして大丈夫なのか?と思ってしまいますよね…

本当に栄養素として取り入れるべき油は、コールドプレス(低音圧搾)製法で作られているものを選びましょう。

コールドプレス製法は、脂を絞るときに熱を加えない製法です。30度以上の熱を加えずに原料を絞って抽出します。

結局はシンプルな製法で作られたものが、1番安全で身体に良いということです。

こういった油はパッケージ量も少なく割高ですが、日々口にするものです。割高な分、使う量も自然と少なくなっていいかもしれません。

関連記事

  1. 免疫力アップのおすすめ食材16

  2. 便は健康のバロメーター

  3. なぜ糖質の摂りすぎは良くない?

  4. ここがすごい!睡眠の効果

  5. めまい、動悸、倦怠感の原因は

  6. タンパク質は脂肪になりにくい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。