耳つぼで健康に【日焼け後のケア】

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介(耳つぼ)療法講習をしています、耳介療法士の田中です。

毎日毎日、異常なほど暑いですね・・・

皆さま元気でお過ごしでしょうか?

夏場は特に日焼け対策を万全にされていると思いますが、アフターケアも重要です。

日焼けには「サンバーン」と「サンタン」の2種類あります。

サンバーンとは、紫外線を浴びて数時間後~24時間後をピークに現れる赤くなる日焼けのこと。軽いやけどのような状態でひりひりとした痛みを感じます。ひどい場合には、水ぶくれや腫れのような症状になることもあります。

サンタンとは、紫外線を浴びて数日後~数カ月にわたって続く褐色の色素沈着反応のこと。紫外線から皮膚を守ろうとして肌の奥のメラノサイトという細胞が紫外線を吸収するメラニンを大量に作り出すことが原因で肌が黒くなります。

日焼けしてしまった後に、適切なケアをせず放置していると肌のエイジングが起こります。

シミ、たるみ、小じわがその最たるものです。

日焼け後の色素沈着が始まるのは72時間といわれていますが、アフターケアはなるべく早く行いましょう。

まずは冷やして、しっかり保湿をすること。

化粧水だけでは水分が蒸発してしまうので、乳液やクリームも忘れずに。

ここまでは皆さん実践されていますね。

次に、フランス式耳つぼで身体の中からもケアをします。

痛みや皮膚疾患を抑えるだけでなく、ホルモンバランスを整え、代謝を高める効果があります。

●は表側、▲は裏側を指しています。

耳の中側はマッサージすると痛い場合があるので、耳つぼシールを貼るのがおすすめです。

当校の耳つぼシールは点ではなく、面で広範囲に微弱電流がツボをし続けます。

受講生の方は耳つぼシールを卸価格で購入していただけます。

関連記事

  1. しゃっくりを止めるツボ

  2. 尿もれ

  3. 膝の痛み

  4. 耳つぼで健康に【低血圧】

  5. 幸せホルモン「セロトニン」

  6. 腰痛点を探そう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。