耳つぼで健康に【悪夢障害】

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介(耳つぼ)療法講習をしています、耳介療法士の田中です。

睡眠障害の一種に«悪夢障害»があります。

繰り返す悪夢によって睡眠が妨げられ、起きている時も恐怖や不安に駆られたり、日中の生活に支障をきたしたり、眠りにつくこと 睡眠自体が怖くなったりする症状のことをいいます。

いい夢も悪い夢も、眠りの浅いレム睡眠時に見ます。

ストレスが多くなると眠りが浅くなるため、悪夢を見やすくなります。

繰り返し見る悪夢は日常生活において精神的な負荷がかかっているサインであるため、うつ病の前兆とも言われています。

またストレス以外に、トラウマ体験やPTSDも悪夢の原因になります。

フランス式耳つぼでは、悪夢障害を改善させる施術例があります。

●は表側、▲は裏側を指しています。

上記の耳つぼツボの位置を確認し、痛気持ちいい程度にマッサージしてください。

人差し指と親指でつまみ、ぐりぐりするといいですよ。

耳つぼシールを貼ると微弱電流がツボを刺激し続けます。

継続してツボを刺激する必要があります。

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

関連記事

  1. 頭痛

  2. なぜフランス式なのか?

  3. 過敏性腸症候群

  4. デトックス機能を高める

  5. ペパーミントでクールダウン

  6. しゃっくりを止めるツボ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。