耳つぼで健康に【坐骨神経痛】

こんにちは。

神戸を拠点にフランスノジェ式耳介療法講習(耳つぼ講座)をしています、耳介療法士の田中です。

坐骨神経痛とは、お尻から足の後ろ側にかけて痛みやしびれ、麻痺などが続く状態をいいます。

これらの症状は、腰椎に異常が生じ、坐骨神経が刺激を受けたり圧迫されたりすることで発生します。

多くの場合、腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄などの疾患が原因となります。

腰部脊柱管狭窄のほとんどの原因は加齢で発症者は50歳以上に多く、腰椎椎間板ヘルニアは重労働やスポーツ、長時間のデスクワークによって腰に負担がかかることなどが主な原因となります。

坐骨神経痛を改善する方法としては、以下のものが挙げられます。

・なるべく重いものをもたない

・長時間同じ姿勢をとらない

・激しい運動はさける

・肥満にならないよう気をつける

・腰まわりの筋力をつける

また、患部を温めると痛みが和らぐこともあります。

フランスノジェ式耳つぼで、坐骨神経痛に効果的なツボを刺激することで痛みが緩和します。

(Cは中国式のツボ、Eはヨーロッパ式のツボを表しています。)

※上記のツボ全てを刺激する必要はありません。痛みを感じる箇所だけで大丈夫です。

耳つぼマッサージや耳つぼシールだけでも効果は得られますが、耳つぼ探知機で微弱電流を流すとより即効性があります。

耳つぼ講座や耳つぼ商材などに関してご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

関連記事

  1. 神門

  2. あごの痛みや顎関節症に効くツボ

  3. 黄砂アレルギー

  4. 鼻にきび・吹き出物

  5. 片頭痛

  6. 何時間睡眠をとっていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。