耳つぼで健康に【低血圧】

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介(耳つぼ)療法講習をしています、耳介療法士の田中です。

一般的に 正常血圧~高血圧の基準は定められていますが、低血圧には明確な診断基準はありません。

低血圧の症状としては、朝起きられない、目まい、立ちくらみ、頭痛、動悸、全身の倦怠感、食欲不振、不安感、不眠などがあります。

これらの症状に悩まされている方は低血圧が原因かもしれません。

身体的な症状だけでなく、精神的な症状も生じうるので、改善が必要です。

また低血圧状態が続くと、全身に十分な血液が供給されず、細胞が十分な酸素や栄養を受け取ったり老廃物を取り除いたりすることができなくなるため、細胞や臓器が正常に機能しなくなる恐れもあります。

【低血圧改善のために】

①栄養バランスと取れた食事をきちんと摂る

 塩分もしっかりと摂るようにしてください。(成人の塩分の摂取目標は男性で7.5g未満、女性で6.5g未満です。)

 特に起立性低血圧は体重減少で悪化する傾向にあります。

②水分補給をしっかりと行う

 血液量を増やし、血圧を上げるために1.2リットル程度の飲み水を摂るようにしましょう。

③適度な運動を行う

 ふくらはぎの筋肉を鍛えるためにウォーキングなどがおすすめです。

 ふくらはぎに筋肉が付くと血液の循環が良くなり、むくみの解消にもつながります。

④耳つぼを刺激する

 フランス式耳つぼでは、低血圧症状を治療するツボがあります。

●は表側、▲は裏側を指しています。

神門:耳介の他のツボの働きを助ける

自律神経:交感神経と副交感神経のバランスを整える

迷走神経:心拍数、血圧、不安感などを調整する

副腎:低血圧、高血圧、喘息などに使用する

内分泌:内分泌ホルモンのバランスを取り、腺分泌物を増減させる

低血圧:血圧を上げる。めまい、失神などの治療にしようする

心臓:四肢の血液循環を改善させる

上記のツボを毎日刺激しましょう。指でマッサージしても構いません。

当校オリジナルの耳つぼシールを貼ると、微弱電流がツボを刺激し続けます。

関連記事

  1. うつ病

  2. 足つぼ・耳つぼ 効果の違い

  3. 耳つぼ探知機

  4. フランス式耳つぼ サーモグラフィー検証

  5. 咳を抑えるつぼ

  6. 耳の後ろの反射区

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。