糖質をエネルギーに変えるには

炭水化物などに含まれる糖質は、そのままではエネルギーとして使うことができません。

糖質は小腸でブドウ糖に分解され、エネルギーとして使われるようになります。

このとき、ブドウ糖からエネルギーを産生する手助けをするのが、ビタミンB1です。

ビタミンB1は糖質を必要とする脳への影響も大きく、頭の回転を早くする働きもあると言われています。

ビタミンB1が不足すると、糖質がうまくエネルギーに変わらないため、肥満や疲労、ストレスの原因になります。

糖質を摂るときは必ずビタミンB1も摂るようにしましょう。

〈ビタミンB1を含む食材〉

・豚肉 ・うなぎ ・鮭 ・ナッツ ・大豆 ・ほうれん草 など。

関連記事

  1. 気をつけたい調理法③

  2. 目のビタミン

  3. ビタミンC含有量No.1は

  4. 夏にビールが美味しい理由とは?「太りにくいビール」の選び方とポイント

  5. スーパーフード

  6. 肥満遺伝子検査

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。