筋肉量がダイエットのカギ

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介(耳つぼ)療法講習をしています、耳介療法士の田中です。

ダイエットする際、体重さえ減ればいいと思っていませんか?

体重が減っても筋肉落ちると、太りやすくなってしまいます。

ダイエットで最も重視したいのは代謝アップです。

基礎代謝とは、体温を維持したり心臓を動かすなどの生きているだけで必要不可欠なエネルギーのこと。

1日の消費エネルギーの主な内訳は以下のとおりです。

基礎代謝 6〜7割

運動に伴う代謝 2〜3割

食事に伴う代謝 1割

さらに基礎代謝の内訳は、筋肉22%、肝臓21%、脳20%、心臓9%、腎臓8%、その他20%となっています。

このため、食事制限ダイエットで筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝が低下して太りやすくなってしまうのです。

基礎代謝を上げたいなら、内臓は鍛えることができないので、筋肉量の維持や増加が必要ということになります。

筋肉が減ると体力も低下します。

そうなると日常の運動量が減り、消費エネルギーも低下する悪循環に陥ります。

理想の体型になりたいなら、筋肉量を増やし代謝を高めないといけません。

そのノウハウを2日目のダイエット栄養学講習で学んでいただけます。

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 間食をするなら

  2. 日光浴で骨を丈夫に

  3. 抜け毛予防に効くのは

  4. 唾液で健康チェック

  5. 空腹を感じていますか?

  6. アミノ酸スコア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。