痩せるタンパク質を選ぼう

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳つぼ講座をしています耳介療法士の田中です。

ダイエットにはタンパク質が必要不可欠です。

脂質の多い動物性タンパク質も選び方に気を付ければ問題ありません。

むしろ美容面にも効果が期待できますので、痩せたら老けてみえるようになった・・なんてことになりません。

タンパク質を選ぶ際に意識したいのは、まず必須アミノ酸のひとつであるロイシンを含んでいる食品かどうかということ。

ロイシンは必須アミノ酸のなかでも、筋肉量の維持・増加につながるたんぱく質同化作用が強いことが知られています。筋肥大や持久力アップにもロイシンは欠かせません。

ロイシンは主に魚類や赤身肉に多く含まれています。

さらにタンパク質には消化吸収スピードが速いほど、効率よく筋肉を作れるという性質があります。

より脂質が少なく、消化しやすい形状のものが筋肉になりやすいのです。

×牛乳 → 〇低脂肪乳

×もも肉 → 〇むね肉、ささみ

×オイル漬け鯖缶 → 〇鯖水煮缶

×かたまり肉 → 〇ひき肉

一方、植物性タンパク質はカロリーをさほど気にせず食べることができます。

おすすめは、大豆と大豆製品です。

低カロリー低脂質で、ロイシンを含む必須アミノ酸もバランスよく含まれているダイエット中の強い味方です。

だからといってこればかり食べるのはいけません。

万能とも思える大豆も、一食の重量で比べるとタンパク質含有量は動物性よりも低めです。

動物性タンパク質と植物性タンパク質を1:1の割合にすれば、カロリーを抑えつつ必要な量のタンパク質を摂取することが可能です。

卵+納豆、魚+豆腐、肉+野菜など、色々な組み合わせで食事を楽しみながら美しくなりましょう。

関連記事

  1. 免疫力アップのおすすめ食材⑧

  2. 唾液で健康チェック

  3. 気をつけたい調理法④

  4. 免疫力アップのおすすめ食材16

  5. なぜ糖質の摂りすぎは良くない?

  6. 気をつけたい調理法②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。