気をつけたい調理法②

今日は人参の調理法についてお話します。

人参の主な栄養素はBカロテンです。体内でビタミンAに変わり、抗酸化作用が高く、生活習慣病予防に役立っています。

Bカロテンの含有量は、人参の中心よりも外側に近くなるほど多くなります。なので、人参の皮をむいて調理するのは、せっかくの栄養素を無駄にしていることになります。よく洗って皮ごと調理するようにしましょう。

また、Bカロテンは油との相性が良く、油で調理した場合の吸収率は生で食べる場合と比べ8倍以上になります。

人参のグラッセやしりしりなど、油を使ったメニューで皮ごといただきましょう♪

関連記事

  1. 免疫力アップのおすすめ食材11

  2. 時間栄養学はダイエット効果を高める

  3. 運動をしない日にもタンパク質は必要?

  4. 便は健康のバロメーター

  5. 体にいい油

  6. ポリフェノール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。