学力アップにはまず朝食を

お子さんは毎日朝食をとっていますか?

文部科学省の調査によると、「毎日朝食を食べている」と回答している子の方が、学力テストの点数が高い傾向にあるそうです。

それもそのはずで、脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖です。糖を摂らないと、脳は活発に活動できません。

夕食後から翌朝の朝食まで、エネルギーの供給がストップしている状態。さらに朝食を抜くとなると、完全にエネルギー切れを起こします。

特に代謝の活発な子供にとって朝食を抜くことは、深刻な害になります。

頭がぼんやりして集中力や記憶力が低下し、体温が上がらないので動きが鈍くなります。昼食後は、下がっていた血糖値が急激に上がるため、強い眠気に襲われます。朝食を抜くことの悪影響が日中ずっと続くのです。

朝、食欲がなくて食べられない場合は、ヨーグルトや果物でもいいので摂るようにしましょう。

関連記事

  1. 乳酸菌のホント

  2. 空腹を感じていますか?

  3. スーパーフード

  4. 免疫力アップのおすすめ食材13

  5. 吸収率がアップする食べ合わせ

  6. 気をつけたい調理法⑥

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。