休肝日を設けていますか?

適度な量のお酒を飲むことは、健康に良いとされています。

体があたたまり、気持ちが和らいだり、ストレス発散になったり、心地よく眠りにつけたりという効果か期待されます。

しかし、過度の飲酒は免疫力を低下させ、体にとって有害になってしまいます。

お酒飲んで免疫力が上がるのは、飲み始めてから1,2時間のあいだ。それ以上飲み続けると交感神経が刺激され緊張状態が続くため、逆に免疫力が低下します。

さらに、アルコールによって肝臓の働きが悪くなったり、成長ホルモンの分泌が抑制されたりしますので、体にダメージを与えます。

お酒を飲むときは、自分の適量を把握して、週に2日は休肝日を設けるようにしましょう。

関連記事

  1. 免疫力アップのおすすめ食材⑦

  2. 第六の栄養素

  3. めまい、動悸、倦怠感の原因は

  4. 免疫力アップのおすすめ食材15

  5. 新型栄養失調にご用心

  6. ビタミンの役割

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。