ゆっくり食事していますか?

朝の慌ただしい時間や、決められた時間内で食べなければならない状況では、ゆっくり食事をとることは難しいでしょう。

ですが、早食いはデメリットしかありません。

時間をかけてゆっくり食事をすれば、胃腸の働きが良くなります。

また、よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激され、適切なタイミングで脳が満腹と判断し食べ過ぎを防ぐことができます。

他にも、噛むことによって分泌される唾液には発がん性物質を抑制させる効果や抗酸化作用もあるため、免疫力を高めてくれます。

⭐︎ゆっくり食事をすれば免疫力アップ⭐︎

・虫歯や歯周病予防

・食べ物の消化吸収がよくなる

・肥満防止

・ストレス解消

・脳を活性化

・発がん性物質を抑制する

ゆっくり食事をとると副交感神経が優位に働くため、とてもリラックスできます。

ぜひ意識して食事するようにしてみてください。

関連記事

  1. 筋肉量がダイエットのカギ

  2. 心を落ち着けるルーティンワーク

  3. 運動をしない日にもタンパク質は必要?

  4. ライフステージ別必要な栄養素【乳幼児期】

  5. 三人寄れば・・・

  6. 体にいい入浴方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。