なぜ糖質の摂りすぎは良くない?

こんにちは。

神戸を拠点にフランス式耳介(耳つぼ)療法講習をしています、耳介療法士の田中です。

数年前から流行し出した糖質制限ダイエット。

コンビニやスーパーでも糖質カットの商品をよく見かけます。お菓子や麺類など バリエーションが豊富で、味も美味しいので続けやすいですよね。

糖質を摂りすぎるとどうなるか?

糖質は筋肉や脳を活動させるためのエネルギー源ですが、エネルギーとして消費しきれなかった糖質は、中性脂肪として皮下脂肪や内臓脂肪の脂肪細胞にストックされます。

また、糖質を体内に取りこむと血糖値が上昇します。

血糖値が高くなるとインスリンホルモンが分泌されます。

インスリンは体内で糖質を筋肉に取り込ませて血糖値を下げる働きがありますが、同時に中性脂肪の分解を抑制します。

インスリンがたくさん分泌されると、脂肪が使われにくくなるということです。

○使われない分の糖質は脂肪として蓄えられる

○体内の脂肪の分解を抑制してしまう

以上2つの理由から、糖質の摂りすぎは体脂肪を増やしてしまうことになるのです。

だからといって糖質を全く摂らずにいると、いくら筋トレをしてもトレーニング効果が低下して基礎代謝が上がらない悪循環に陥ります。

代謝を下げずにダイエットをするには、糖質の摂り方が大切です。

美しく健康に、食べながら楽しくダイエットするメソッドをフランス式耳つぼ講座 2日間講習(ダイエット栄養学)で学べます。

関連記事

  1. 気をつけたい調理法④

  2. 免疫力アップのおすすめ食材16

  3. 免疫力アップのおすすめ食材18

  4. 時間栄養学はダイエット効果を高める

  5. 腸内環境を整える=免疫力アップ

  6. 免疫力アップのおすすめ食材⑧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。